猫の恩返し

皆さん、おはようございます。


清々しい日曜日の朝に、

いきなりデンジャラスな出来事の話をするのもどうかと思うんですが・・・

昨日のお話です。


ぽん1



最近のこの暑さのため、日課だったウォーキングをサボっていた私。

案の定というか当然というか

日に日に地球の引力に勝てなくなっていく自分のお腹を見つめ、

「これではマズイ」と今さらながら気が付いた。


ぽん2



ポンさまのお散歩を終えて、一人ウォーキングに出かけてみた。

いつものコースをちょっと変えて、大通りに差し掛かったその時、

猫の親子が道路を横断していた。


親猫はさっさと道路を横断して向こうの草むらの方へ消えていった。

その後を子猫が追いかけていた。 が、・・・

いきなり道路の真ん中でストップ!

かなり道幅の広い道路。


ぽん3



「えっ?」

私は思わず足をとめて子猫を見ていた。

「ミャ~」ってかわいい声で鳴いている。

早朝とはいえ、もちろん車は走っている。

遠くの信号が赤から青に変わった。

1台の車がまっすぐにこちらに向かって走って来るのが見える。

子猫は・・まだそこにいた。

「うそでしょ~」

私の頭の中をいろんな思考が飛び回った。


ヤバイでしょ・・・この状況。


車は間違いなく、近づいてくる。

どうする私。 どうする私。



ぽん4



あ~!もう!


気が付いたら走っていた。

夢中で走っていた。

子猫をかかえて、とにかく走った。


「ブブ~!!」というクラクションの音だけは聞こえた気がした。


キョトンとした顔で子猫が私を見ていた。

「ミャ~」と鳴いた。

全身から汗が噴き出たけど、子猫は無事だった。



ぽん5



親猫が消えた草むらの近くで子猫を離してあげて

元来た道を戻っていた時、「にゃ~」と親猫らしい声がしたので

たぶん、大丈夫だと思った。


ウォーキングに来たのに、100Mダッシュをすることになった私。

帰ったら体重計に乗ってみよう。

冷や汗分くらいは、減っているはずだ。


ジブリ映画「猫の恩返し」の世界とシンクロした気分の私でした。



ぽん6


おしまい・・・
カウンター
お願い
※当ブログに掲載されている画像等の無断転載はご遠慮下さい
応援お願いします
毎日の更新の励みになっております。 1日1回クリックお願いします。
ポンとシンバの記録
管理人
管理人のポンママです。
ポンとシンバをこよなく愛するアラフィフ。
東京都下にダンナと2ポメ1オカメと生息中。
ポン王子
po_20120927114226.jpg
シンバ
puragu.jpg
ショップオープンしました
手作りジャーキーの店を
オープンしました。
バナーを押すとショップに飛べます。
バナーぽめ
Amazonでのお買いもの
にほんブログ村
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンクフリーです。
お友達リンク
Fumiya`s SITE
予防医学など
お役立ち情報満載です
   ↓
fumiya_20170311154423e02.jpg
最新記事
ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
最新トラックバック
RSSリンクの表示
カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -